★☆引越し先が決まったら★☆

引越先が決まったら、確認が必要な事がいくつかあります。
現在お住まいのお部屋が賃貸物件なら、  解約手続きを行わなければなりません。
引越し会社はどこに頼むのか?
引越しの荷造りはどうするのか?
不用品の処分はどうするのか?
引越しが決まったら、早めに確認しておきましょう。

引越し先が、持ち家なのか?引越しの距離(近くor遠く)・もちろん家族構成や、
新居が賃貸なのか?など、しなければならない手続きなどは異なります。


以下のことを確認しましょう。

☆引越しが決まったらまず確認すること☆

☆★賃貸借契約の解約の長れ☆★


賃貸借契約書に解約方法が、必ず記載されていますので確認しましょう。



「口頭あるいは書類によって、退出時の1ヶ月前に伝える」となっているのが、一般的に多いようですが、お部屋(物件)によっては
2ヶ月前、3ヶ月前までに連絡を入れるように
なっていることもありますので、お早めに
契約書(賃貸借契約書)をご確認下さい。

もし、契約書を紛失された場合は、
お早めに管理している不動産会社に
連絡をしましょう。

良いお部屋(物件)を見つけてから、引っ越そうとお考えの場合は、
これらのことを考慮してお部屋探しを行って下さい☆


◇もし2ヶ月前・3ヶ月前までに解約の連絡をしなければならない場合でも、
(余計な出費になりますが)その間の賃料を支払うことで、解約出来ますので
一度 不動産会社にご相談下さい。

☆物件(部屋)を契約する際の「注意点・必要書類・費用」☆

希望のお部屋(新居・物件)が見つかった場合
一度「賃料(家賃)の交渉をしてみて」
賃貸借契約を行いましょう☆



※入居審査通過後に交渉すると、大家さん、不動産会社、管理会社に迷惑をかけることに
なりますので、条件交渉は必ず【入居申込み
前】に行いましょう☆


☆家賃(賃料)交渉☆


ダメもとで家賃(賃料)交渉をすることは
重要です。

もちろん交渉が上手く行く保証はございません。
しかし、こちらから切り出さなければ、まず家賃が下がることはございません。


初めから募集家賃を低く設定されている物件も
ありますが、1日でも早く入居者を決めたいと
大家様(オーナー)や不動産会社も思っているので、意外と交渉に応じて下さる場合も
あります。

もちろん新築や、人気物件・転勤・就職の1月~4月など、時期によっては交渉も
難しい場合もあり、大家様(オーナー)によっては交渉を受付けて下さらない場合もあります。

家賃(賃料)交渉がダメな場合でも、敷金or礼金の交渉が出来る場合もありますので、
一度 不動産会社に相談してみて下さい。


☆家賃(賃料)発生日(契約開始日)の交渉☆

引越し(新居)が決まった場合、【家賃発生日・新居の契約開始日】と【旧居の賃貸借契約解約日】を頭にいれておいて下さい。


【旧居の賃貸借契約が10月20日に切れる場合】出来るだけ、10月20日付近に新居の契約開始日をしたいものです。

もし10月5日に新居(引越し先)が決まり、契約を申し込み、審査が通った場合(通常 契約の申し込み日から1週間から10日以内(もちろん審査が通った場合)
【遅くても 10月15日】から家賃が発生してしまいますので、
※旧居の賃貸借契約が切れる 5日間 家賃を支払わなければなりませんので、家賃発生日(契約開始日)をダメ元で交渉してみて下さい。
時期(就職時期)や物件・管理会社によっては、家賃発生日(契約開始日)を、遅らせてもらえる場合があります。

☆注意点☆
契約の申し込みを待って遅らせていると、他の方に契約を申し込まれる可能性があります。


☆賃貸借契約で必要な費用☆

賃貸借契約を結ぶこととなると、当然 多額の費用が必要となります。


岡山の場合(例)
☆敷金2ヶ月+礼金1ヶ月+前家賃(1ヶ月)+
仲介手数料(1ヶ月分×消費税)+保険代など 必要となります。


基本的に家賃の6ヶ月前後の費用が、契約時または契約前に支払うこととなります。 


お部屋探しをされる時は、費用も確認しながらご検討下さい。

※家賃の他に共益費(管理費)がある場合、敷金・礼金の計算に共益費(管理費)は
含まれません。

※敷金は、入居前に大家(オーナー)に預け入れをするお金のことです。
退去時(退出時)に貸主の物件の損傷・破損・賃料滞納などに対する、修復費用の担保のために預け入れをし、退去時(退出時)にそれらを敷金から精算した金額が借主に戻ってきます。

※礼金は大家(オーナー)へ支払うお礼のお金
※仲介手数料は、そのお部屋(新居)を探してくれた、不動産会社への報酬になりますので
礼金・仲介手数料は戻ってきません。


☆賃貸借契約で必要な書類☆

契約時に必要な書類は、不動産会社や物件によって異なりますので、必ず不動産会社に
【賃貸借契約時に必要書類】をご確認下さい。


・本人の(認印でも可)印鑑
・本人の(3ヶ月以内のもの)住民票
・本人の(源泉徴収票・納税証明書など)所得証明書
・連帯保証人の印鑑証明書
・連帯保証人の所得証明書(必要な場合が有ります)
・連帯保証人の保証書 
(不動産・管理会社から渡される書類に、連帯保証人様が署名・捺印)


☆賃貸借契約での注意点☆

【重要事項説明】が賃貸借契約を結ぶ前に
宅地建物取引主任者から説明があると思います。


その名の通り、重要事項説明は賃貸住宅を借りる際に重要な説明ですので、説明をよく聞き、問点などその場で確認し、聞き流すことなく、納得してから契約しましょう。


契約後のトラブルとならない様に、契約をする前・お金を払う前に疑問点は確認して、退去時の敷金返還トラブルなどに発展しない様、納得できない内容の場合は確認後、ご契約下さい。




  • 画像リンク
  • 画像リンク
  • 画像リンク

    岡山県のエリアから物件を探す

  • 画像リンク

    倉敷市のお部屋探し

  • 画像リンク

    岡山市南区、玉野市のお部屋を探す