おとり広告に騙されないで!!


物件の問い合わせをしたら『空いていますよ、来店して下さい』と言われお店に行くと、
『すみません、昨日決まっちゃいました。別の物件を探しますね』と言われたことはないでしょうか?

実はこれ、ほとんどが最初から空いていない物件を意図的に掲載している、いわゆる【おとり広告】なのです。

近年岡山市内ではおとり広告を掲載している悪徳な不動産屋が氾濫しています。

仲介業者の中には、そもそも存在すらしない物件を、さも存在するかのように勝手に作り上げて、
魅力的な条件に設定し、お客様を呼び込むという卑劣な業者もあります。

来店するとあれこれと理由を付けてその物件を案内してはくれません。
当然ですよね、空いてない物件、存在しない物件は案内など出来ないはずですから。

一般ユーザーからはどれがおとりでどれが空いているのかの判断が付かないのをいいことに、
やりたい放題やっている多くの不動産屋…許せませんよね。


では悪徳業者はなぜそんなことをするのか、
理由はひとつ

【簡単にお客様を呼び込むことが出来るから】です。

企業努力もせずに嘘の情報でお客様を騙して来店させるなど、決して許される行為ではありません。

これは法律にも違反しているため取締りの対象になり、
悪質と判断された場合はその店舗は営業停止となります。

にも関わらず、近年の岡山の不動産市場において、おとり広告は無くなるどころか反対に数が増え続けています。

なぜなら、【昨日決まっちゃいました】【さっき決まっちゃいました】と言われても、
本当に昨日決まったのか、そもそも空いていなかったのか、
を、素人である一般ユーザーには追及することが出来ないからです。

結局泣き寝入りとなり、悪徳業者をますます調子に乗らせてしまいます。



【おとり広告】と判断されるには定義があります。

たとえば
お客様がメールor電話で問い合わせ↓
店員『すみません、その物件は先日申し込みが入ってしまいまして、もう無くなってしまいました。
   時間差でネットに掲載されており申し訳ございません。これと同じような物件なら他にもございますが…』

↑これはおとり広告ではありません。


何故なら、現在インターネット上に掲載されている物件は数万室あり、
全ての物件情報をリアルタイムで更新し続けることは理論上不可能だからです。

たとえば
不動産屋が朝の時点で空室の確認をして空いていた↓
物件をインターネットに掲載↓
夕方にお客様から問い合わせ↓
確認するとお昼に他のお店で申込みが入ってしまった
ということは市場ではよくある話です。

いい物件は他の人もいいと思うということですので、良物件は必然的に競争率が高くなり、上記のようなことが起こります。
悪意でやっている訳ではなく、情報更新のタイムラグの中で発生してしまった上記のようなやり取りは、違法とは見なされません。

むしろ、問い合わせの段階で正直に
『空いていませんでした、申し訳ございません』という業者は信用出来ますよね。



ではどのようなものが違法になるのでしょうか

お客様が電話やメールで問い合わせ↓
店員『空いてますよ!すぐ無くなるので来店して下さい!』↓
来店すると『あぁ、あの物件、さっき(昨日)決まっちゃいました。他探しますね』

これはおとりの可能性大です。
意図的に空いていない物件を掲載し続けている、またはそもそも存在しない物件だった、等が考えられます。

ここで争点になるのが、『空いていますよ』と言われたときにその物件が本当に空いていたのかどうか。
問い合わせ時点では本当に空いていたのであれば問題無いですが、
空いていない物件を『空いていますから来てください』と言ったのでは大問題で、おとり広告として罰せられます。


ですが、【本当に空いていたかどうか】これは一般のお客様には知る術がありません。
『本当に昨日決まったんですか?』と聞いたところで『そうですよ』と言われて終わりです。 


そんなときは下記、ケイアイホームのアパマンショップ各店舗にお問い合わせ下さい。
問い合わせ時点で本当に空いていたのかどうか、ほとんどの物件においてその証拠を押さえることが可能です。

ここでおとり広告と断定出来れば、その証拠をもって
違反広告を取り締まる取締りの専門機関に相談しましょう。
専門機関は、
【取締りはするけども、おとりである証拠がなければ違法と断定出来ない】
というスタンスですので、あくまでも証拠が必要になります。


相談窓口
消費者庁
http://www.caa.go.jp/index.html


不動産公正取引協議会連合会
http://www.rftc.jp/index.html





悪徳仲介業者のいないクリーンなHPサイトが増えればお客様のお部屋探しはもっとスムーズなものになります。

おとり広告で嫌な目にあった方はぜひ一度ご相談下さい。







おまけ

おとり広告を見破る方法として、空いていると言われたら現地集合で物件を見せてもらえるかどうか確認してみるのもいいかもしれません。
おとりであれば、現地集合をさせてもらえないはずですので。

真面目な不動産屋なら現地集合だろうと素直に物件を見せてくれます。

※もちろん現地集合で物件を見て終わり、というよりは店舗に来店したほうがより多くの物件情報を見ることが出来ます。